MRC - Mental Health Research & Consulting

メンタルヘルスに強い産業医なら

TEL:03-3593-1112

従来型EAP(従業員支援プログラム)ではなく、CAP(企業支援プログラム)として職場のメンタルヘルスに精通した精神科医が中心となり会社全体(従業員・人事労務担当者・産業保健スタッフ・経営陣)をサポートします。

採用情報メディカルケア虎ノ門

職場復帰する方への会社側の配慮

気にかける上司

うつ病などの精神疾患を患った方の中には、十分な休息が必要となり、休職をする場合があります。休職後の職場復帰に際しては会社側も配慮をした方が良いでしょう。

ノルマのない仕事を与える

顧客の獲得や目標の達成などの締切の期日を迫られると、仕事のノルマが重くのしかかることが、精神疾患を発症させる一因となる場合もあります。
会社として利益を上げるためには目標を明確にしなければなりませんが、うつ病から職場復帰をする方には、ノルマがなく、比較的負荷の軽い仕事を任せるようにした方が良いでしょう。また、自分のペースでできる仕事を任せるのも良いでしょう。

「異動」について考える

うつ病などの精神疾患を患う原因の一つに、対人関係のトラブルなど「職場環境」のミスマッチが挙げられます。そのため、休職以前の元の部署に復帰するより、異動を考えた方が良い場合があります。しかし、環境の変化に対応するのが難しいケースもあるため、異動の場合は本人との話し合いが重要でしょう。

このように、職場復帰する方に対しては本人のみならず、会社側の配慮が大切です。

職場復帰する方のサポートはとても重要であり、専門的な知識を必要とする場合がありますので、実績・経験の豊富な弊社にご相談下さい。

Copyright © Mental Health Research & Consulting, Inc.