MRC - Mental Health Research & Consulting

メンタルヘルスに強い産業医なら

TEL:03-3593-1112

従来型EAP(従業員支援プログラム)ではなく、CAP(企業支援プログラム)として職場のメンタルヘルスに精通した精神科医が中心となり会社全体(従業員・人事労務担当者・産業保健スタッフ・経営陣)をサポートします。

採用情報メディカルケア虎ノ門

4つのメンタルヘルスケアについて

職場で悩む人

平成12年8月に厚生労働省が策定した「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」によって、メンタルヘルス対策として4つのケアが記載されています。

セルフケア

セルフケアとは労働者自身が自らの体や心の健康状態を把握し、ストレスを予防したり軽減することです。体や心の状態を自分で把握できないと対応が遅れ、ストレスや悩みを抱え込み、病気になる恐れもあります。

また、事業者は労働者に対して、セルフケアに必要な教育研修や情報提供を行い、自発的に相談しやすい環境を作り、労働者自身が心の健康をコントロールできるようにすることが大切です。

ラインによるケア

ラインによるケアとは、管理監督者である上司が部下のストレス等を把握し、職場環境の改善や相談等の対応を行うことです。
また、事業者は管理監督者に対してラインによるケアに関する教育研修や情報提供を行います。

事業場内産業保健スタッフ等によるケア

事業場内産業保健スタッフには産業医や保健師、衛生管理者、産業カウンセラー等がいます。
事業場内産業保健スタッフによるケアには、労働者や管理監督者の相談対応や教育研修、職場環境を改善することなどがあります。

事業場外資源によるケア

外部EAPなど、職場以外の機関や専門家によるケアのことです。
教育研修やカウンセリングなどによって労働者の心の健康づくりのサポートをします。会社に相談しづらい労働者には特に事業場外資源の存在は効果的だと言われています。

職場メンタルヘルスケアやEAPをお考えでしたら是非弊社をご利用下さい。

Copyright © Mental Health Research & Consulting, Inc.