MRC - Mental Health Research & Consulting

メンタルヘルスに強い産業医なら

TEL:03-3593-1112

従来型EAP(従業員支援プログラム)ではなく、CAP(企業支援プログラム)として職場のメンタルヘルスに精通した精神科医が中心となり会社全体(従業員・人事労務担当者・産業保健スタッフ・経営陣)をサポートします。

採用情報メディカルケア虎ノ門

メンタルヘルスとは

メンタルヘルスをご理解している方はどのくらいいらっしゃいますでしょうか?
こちらでは、メンタルヘルスの基本知識をご紹介したいと思います。


メンタルヘルスの概要


メンタルヘルスの取り組み

メンタルヘルスとは、精神の健康を維持し、増進する方策のことをいいます。
現代は、不況の影響により、リストラなどの労働条件が悪化しているのが現状です。
また、労働時間や仕事量などが大きな負担となり、過労死などにつながる実態も以前では大きく取り上げられていました。


しかし、近年の傾向として最も問題視されているのが、「うつ病」「心身症」「神経症」などの精神的な問題です。職場の人間関係や、仕事の悩み等に加え、家族問題の増加が、病因として考えられているのです。
このような精神障害は、個人の健康はもちろん、企業側にとっても大きなダメージを受けてしまいます。


休職者が増える事で、生産性が低下し、コストの増加により、企業にとっても大きな負担となることもあります。 ですから、それぞれの問題の根源への対応を含めた上、一人一人のメンタルヘルスケア体制が必要となってくるのです。


企業側の取り組み


企業側のメンタルヘルスの取り組み方はそれぞれです。例えばストレスチェックでは、 労働者用の疲労蓄積度自己診断チェックリストでのチェックをする企業も増えています。
勤務スケジュールが取りづらく、忙しい方には手軽に簡単にチェックができる方法です。


また、管理職のメンタルヘルス研修を行っている企業もあります。
社内の勤務体制が大人数の時に採用しやすい研修で、精神疾患の社員を出さないことを目的に、管理職の皆さんがメンタルヘルス研修を行います。


研修内容としては、労働安全衛生法や使用者の安全配慮義務などの講義、職場における部下からの相談対応の仕方などを行っています。 研修を行う事で、社員は安心して管理職に相談できるようになるのです。
その他にも、企業側の取り組み方は様々な方法があります。


企業側は、精神疾患についての理解を深め、社員を守るために、メンタルヘルスケアを懸命に努めることで、 社員の成長、企業の成長に期待が持てるようになるのではないでしょうか。




当サイトでは、企業支援プログラムとして企業をサポートしております。 休職者が増えて来た、または今後の企業のためにヘルスケアを取り入れていきたいと思っている企業の皆様は、ぜひ当サイトへお問い合わせ下さい。




Copyright © Mental Health Research & Consulting, Inc.