MRC - Mental Health Research & Consulting

社員に向けたメンタルヘルスケアなら

TEL:03-3593-1112

従来型EAP(従業員支援プログラム)ではなく、CAP(企業支援プログラム)として職場のメンタルヘルスに精通した精神科医が中心となり会社全体(従業員・人事労務担当者・産業保健スタッフ・経営陣)をサポートします。

採用情報

よくある質問

■社員への直接サービス(健康管理室、EAP、社員相談など)

健康診断後のフォローやメンタルヘルス対策などの必要性を感じていますが、自社で健康管理室を運営する余裕はないのですが?

大企業であれば健康管理室を設置することにより社員に対するサービスを効率的に実施することが可能となるでしょう。しかし、中小企業では健康管理室およびスタッフを常時抱えることは経済的負担も大きく、また専門性の高いスタッフを雇用することは簡単ではありません。弊所ではこのような企業に対しMRCヘルスケアルーム(社外健康管理室)というサービスをご用意しております。

質問一覧に戻る

MRCヘルスケアルーム(社外健康管理室)ではどのようなサービスを提供するのですか?
定期的に行われる健康診断のフォロー、過残業社員の健康管理、社員からの様々な相談、社内のメンタルヘルス対策立案の実施などです。その他、人事や上司からのご連絡によりメンタルヘルス不全が疑われる社員の方への面談やカウンセリングにも対応いたします。これらサービスは、保健師や看護師、臨床心理士、産業カウンセラーなどが対応いたします。

質問一覧に戻る

すでにEAP(従業員支援プログラム)と契約していますが、『リワーク・トライアル®』のみ契約することは可能でしょうか?
弊所のサービスのうち『リワーク・トライアル®』のみを契約していただくことも可能です。しかし、産業医あるいは精神科顧問医契約をしていただいた上で『リワーク・トライアルℜ』をご利用いただく方が、より安全でメリットが高い復職と再休職予防を実現できると考えております。

質問一覧に戻る

健康保険組合のサービスで電話やオンライン相談サービスがあるので、それ以外のサービスのみ契約したいのですが、可能ですか?
健康保険組合やすでにご契約中のEAP等で電話やオンラインなどによる相談サービスをお使いの場合は、弊社でのオンライン相談サービスを使わず、現在ご利用中のサービスとの組み合わせによるご契約も可能です。同時に、現在ご契約中のEAPのサービス内容と費用の再検討に対するお手伝いもさせて頂いております。

質問一覧に戻る

EAP(従業員支援プログラム)とMRCのサービスの違いは何ですか?
個別にカスタマイズした通所型復職トレーニングである『リワーク・トライアル®』やMRCヘルスケアルーム(社外健康管理室)での心身の相談や健康診断の事後措置や面談、教育や研修などの予防対策をはじめとする従業員支援のみならず、人事労務担当者・産業保健スタッフ・経営陣をもサポート対象とするCAP(企業支援プログラム)として、企業全体をバックアップします。メンタルヘルス対応に直面し、困難を極める人事労務担当者へはコンプライアンスや組織へのコンサルテーションを、産業保健スタッフに対しても専門知識に基づき、MRCのスタッフが各種御相談にしっかり対応させて頂きます。

質問一覧に戻る

なぜEAP(従業員支援プログラム)では本当に困ったケースが減らないのですか?

一般に従業員支援プログラムと訳されるEAP(Employee Assistance Program)はアメリカで誕生しました。従業員(およびその家族)の個人的な問題を解決するための専門的なサポートを提供することによって、社員のパフォーマンス(生産性、業績)を向上・維持させるためのプログラムです。近年、アメリカに習い特に日本では福利厚生の観点からもEAPを導入する企業が増えつつあります。しかしながら、欧米と保険制度などが大きく異なる日本においては、その手法をそのまま導入しても、必ずしもその費用対効果が満足のいくものではないという調査結果も出ています。(データ参照)
また、主に予防に重点を置くEAPにおいては、例えハイリスク社員の早期発見に結びついたとしても、医療に結びつけることは難しいものです。そして近年最もサポートを必要とされる復職支援に関しては、EAPではカウンセリングといったサポートが中心で、実際のリハビリテーションを提供しているところはほとんどなく、休職復職を繰り返すケースなど、本当に困ったケースが減らないといったことが考えられるようです。

質問一覧に戻る

EAP(従業員支援プログラム)などでも復職支援サービスがあるようですが、MRCのサービスとはどのように違うのですか?

EAPでも復職支援プログラムを提供しているようですが、その内容は休職中の社員へのカウンセリングや職場上司等への受け入れ態勢のアドバイスなどが中心で、模擬職場のようなリハビリ施設を持ち、実際にカウンセリング以外のプログラムを行っているところはほとんどないようです。「医療リワーク」との併用も一定の効果は期待できますが、復職時における最大の問題点であり、より個別性の高い「業務遂行能力の回復度合いの把握」については「医療リワーク」で評価することは正直困難です。弊社では、個別にカスタマイズした実践的復職トレーニングであるリワーク・トライアル®を弊所内で実施・分析し、企業へ毎週復職準備性に関するレポートを提出致します。その結果を復職判定の資料としてお役立て頂き、御本人だけでなく受け入れ側(人事・担当上司)へのアドバイス等も可能です。
 社内でリハビリ出勤を行なうことは、労災の問題など様々なリスクを伴います。弊所のリワークルームに“出勤”し、復職トレーニングを実施して頂くことにより、早期再休職のリスクと安全配慮義務の手当てができます。

質問一覧に戻る

MRCのサービスを導入するメリットは何ですか?
過重労働や業務拡大などのストレス過多によって、メンタルヘルス不全を起こす社員の増加が著しいことが注目されています。従来型EAPにおいては、医療機関勤務経験者が少なく医療の専門知識に乏しいのが現状です。それに対しMRCは、産業医として活動中の精神科医、産業医専任内科医師、産業保健師、看護師、精神保健福祉士をはじめ、産業カウンセラーや臨床心理士などカウンセラー等も医療の専門知識と経験に加え企業勤務経験者で構成される、職場のメンタルヘルスに精通した専門家集団です。経験豊富な各スタッフが専門性をベースとし、連携して会社の現状や要望をヒアリングした上で、それぞれのニーズに合わせメンタルヘルスに対する体制構築のサポートを致します。メンタルヘルス対策をとることは、CSR(企業の社会的責任)の観点だけでなく、企業のリスクマネジメントとしても欠かせません。

質問一覧に戻る







ページトップ

Copyright © Mental Health Research & Consulting, Inc.